災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ
HOME > 「外壁が色あせて 古くなってきた」について

「外壁が色あせて 古くなってきた」について

「外壁が色あせて 古くなってきた」に関するひとくちメモ
外壁が色あせて古くなってきたときに相談に乗ってくれる外壁リフォーム・外壁修理店を表示しています。
外壁を新しくするためには塗装する場合もあれば外壁を貼り替えるか金属サイディングなどで上から貼った方が良い(長期的に見て安くなる)場合があります。
外壁の寿命は外壁材により異なりますが、一般的に外壁の窯業系外壁材は10~30年、金属外壁材は20~40年と言われます。劣化の状態に加えて、どんな外壁材を使っているかによっても、その後の修理方法は変わってきます。
窯業系外壁材(主に窯業系サイディング)の場合、最初の色あせは塗装で良くなる場合が多いですが、その後窯業系サイディングの基材自体が傷んでしまい、その後塗装しても塗装が剥がれることが多くなってしまいます。そういった場合は金属系の外壁材で外からカバーすることで新品同様の綺麗な外壁に仕上げることができます。
まずは見てもらって外壁の状態がどうなっているか教えてもらいましょう。

「外壁が色あせて 古くなってきた」についての記事

「外壁が色あせて 古くなってきた」についての新着記事

記事はありません

「外壁が色あせて 古くなってきた」に対応できる工事店

HOME「外壁が色あせて 古くなってきた」について