災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ
HOME > 「外壁修理」について

「外壁修理」について

「外壁修理」に関するひとくちメモ
外壁にクラック(ひび割れ)ができていたり外壁の一部が外れてしまっているときに対応できる外壁修理店の一覧です。外壁から雨水の侵入を止めたいときや外壁を綺麗にしたいときにぴったりです。
■ひび割れの種類
ひび割れは、その幅と材質に分かれます。
ひび割れの幅(大きさ)は0.2mm以下のクラック、0.2mm以上1.0mm以下のクラック、それ以上の幅のクラックなどが一例です。
ひび割れしている材質についてはコンクリートである場合とコンクリート以外の場合があります。
ひび割れが起こる原因としては、コンクリートでは乾燥収縮(コンクリートは水和反応により施工後もゆっくりと水和熱を出しながら硬化していきます)によるもの、施工不備(不適切な打ち重ねや打ち継ぎ処理等)、そしてサイディングでは経年劣化によるひび割れ(サイディング自体の微細な膨張収縮の繰り返し)があります。
それ以外のひび割れの原因としては、外部環境によるもの(地震や地盤沈下による構造体の歪み発生にもよるもの等)もあります。
■ひび割れの補修方法(材質別)
コンクリートについて:ひび割れ被覆方法、注入方法、充てん方法などに分かれます。
基本的にひび割れ部分の掃除(付着している埃などの除去)から防水材、ポリマーセメントペースト、エポキシ樹脂などをひび割れに注入していきます。
サイディングについて:表面剥離などの微細なひび割れであれば、ひび割れ部分の埃等の除去を行った後、変性シリコン系のコーキングをひび割れ部分に注入しヘラで整える方法が一例として見られます。
このようにひび割れの補修方法は実は専門性が高い作業です。そういった意味でも専門家に任せることをお勧めします。

「外壁修理」についての記事

「外壁修理」についての新着記事

「外壁修理」に対応できる工事店

HOME「外壁修理」について