何度も修理で呼ばれては職人失格。外壁不具合を一度で直す確実な技術

株式会社井上板金工業

静岡県 静岡・清水・川根

静岡県板金工業組合

株式会社井上板金工業

静岡県静岡市清水区能島の株式会社井上板金工業は、外壁を含む外装のリフォーム・修理を手掛ける住宅工事店です。その他、金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)工事や雨樋修理、家まわりの金属小物の加工にも対応可能。「一度で確実に止める雨漏り修理」を目標とする、高い技術が武器の頼りがいのある会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON 父とやり合いながらなんとか作り上げた会社。あの時、家を継いで良かったと今思う

株式会社井上板金工業(以下、井上板金工業)は、静岡県静岡市清水区能島に拠点を構える金属系外壁(ガルバリウム鋼板外壁)をはじめとした外壁・屋根を含む外装全般の工事を手掛ける住宅工事店。「見えない箇所の工事」にこだわりを持つ代表が率いる、高い技術のある会社です。

「僕、若い頃はせっかちな性格だったんですよ。職人に怒鳴るのも多かった。でも最近は言いたいことを飲み込むようになりました。年を取ると変わるのかな。それとも、これまでの経験が僕を成長させてくれたんでしょうね」
若かりし熱い頃を、懐かしそうに振り返る井上板金工業二代目の井上武さん(以下、井上さん)に、子どもの頃のお話を伺いました。

「幼少期から中学校まではサッカーに明け暮れました。清水市の選抜チームに選ばれるくらい、うまかったんですよ」
しかし、いざ選抜チームの練習に参加すると、そこにいたのは地区から選ばれた精鋭の選手たち。
井上さんよりレベルの高い人が大勢肩を並べていて、レギュラー入りは夢に終わったそうです。

そして地元の工業高校を卒業後、設備会社へ入社。会社に在籍すると同時に兵庫工科大学校(職業訓練校、平成14年閉校)へ入学し、ものづくりの基礎を勉強しました。
「社会人になったとはいえ、学校へ通った2年間は学生気分でした。修了して会社に戻って現場監督の業務についたんですが、働くってキツいなあと感じました。現場監督というのは、若いうちは雑用係です。日中は現場のアレコレをこなして、夕方現場事務所に戻って書類仕事をして終電で帰る毎日でした」

そんなハードなサラリーマン生活を3年間送った井上さん。家業を継いだきっかけは、現場監督という広く浅く現場を見る仕事よりも、自分の技術を突き詰める仕事に携わりたいと考え始めたからです。
「現場監督よりも、より密な『ものづくり』の仕事がしたくなってきたんです。激務で気持ちが磨耗したせいもあるかもしれませんね。子どもの頃はさほど父の会社に興味がなかったのに、自分で働くようになって建設業界を知って、父の住宅工事の仕事も悪くないんじゃないかと思い直したんです」

しかし親子で同じ仕事をするのは、そう易しいものではありませんでした。お互いが思ったことを口に出す性格で、最初は言い争いが絶えなかったと言います。
「初めはきつかったですね。似た者同士でどちらも譲らないので言い合いになってしまう。仕事仲間というよりも家族としての想いが強いから、甘えがあったのかもしれません。法人化する前にも言い争いになって、父からの『お前が勝手にやれ』の言葉で終止符を打った感じでした」

そうして揉めながらも、井上さんは父から少しずつ仕事を引き継ぎ、2013年に井上板金工業を法人化、同時に代表取締役に就任しました。

今後は、人手不足解消のために戦力としての若手育成に力を入れ、お客さまと直接やりとりができる元請けの仕事も増やしていきたいと考えています。
「現在の人数も少数精鋭で動きやすいとは思います。けど、仕事を増やすなら人手は絶対にあった方がいいので、若い職人を育てていきたいですね。」

詳しく見る閉じる

WORK 「縁の下の力持ち」は言い得て妙。住宅リフォームは隠れた箇所にこそ職人の技術が生きる

静岡県静岡市清水区能島の株式会社井上板金工業は、金属系外壁(ガルバリウム鋼板外壁)をはじめとした外壁や金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)などの外装のリフォーム・修理を手掛ける住宅工事店です。

井上板金工業の強みは、職人全員が見えない場所にこだわって丁寧な作業ができること。井上さんは住宅工事は外観よりも建物の見えないところの作業に実は力を入れるべきだと考えています。
「見えないところにこだわっても、それを知るのは結局工事に関わっている人だけです。でも、家は隠れた箇所の処理が長持ちの秘訣になったり、表面の美しさに繋がったりするもの。職人としてはこだわりたいところですね」

また現場で緊張感を持ってのぞむのは、外壁の仕上げ。建物の外壁は外観で一番目立ち、お客さまから指摘を受けやすい場所だからです。
「金属系サイディングや板金外壁材は傷が目立ちやすいんです。最近はすでに塗装されている材料を使う現場が多いです。作業の際に、塗装面をぶつけたりこすったりすると塗料が剥げてしまうので仕上げには細心の注意を払います」

お客さまと接する際に気を付けているのは、言葉使いと挨拶。若い頃、井上さんは「礼儀」に関してあまり考えていなかったと言います。心を入れ替えたのはある出来事がきっかけです。
「取引先の専務と町でばったり会った時に『あの仕事、よろしくお願い致します』とすごく丁寧に頭を下げられたんです。びっくりしたのと同時にそこに『大人』を見た気がして、自分もこうやってきちんと頭が下げられる人間になろうと決めたんです」
また電話対応についても同様で、これまでは用件さえやり取りできればOKだと考えていました。しかしその一件以来、「相手に不快な思いをさせない対応」を心掛けるようになったそうです。

実際の雨漏り工事では、住宅の経年劣化による水漏れが多く、築年が進んでいればいるほど井上さんを悩ませる事態になると言います。
「雨漏りとあれば、張り切って直しに行くんですが…。経年劣化となると、そこにお住まいのお客さまもご高齢である場合が多いんです。『もう長く住まないからお金をかけずに適当に修理してほしい』と言われると困ってしまいますね。水が漏らないように修理をすると、やはりそれなりにお金はかかります。その度合いを見極めるのが雨漏り修理の難しいところです」

また、外壁リフォーム・外壁修理の工事で多いのは、サッシまわりの雨漏り。外壁とサッシの構造上、経年劣化で水が漏れる場所はだいたい決まっていると井上さんは言います。
「僕は窓枠の上部の施工にこだわりがあります。窓枠で雨漏りを起こすとしたら、サッシ枠の上の部分からが多いんです。新築工事でもリフォームでも、僕が施工する時はサッシの上に水を止める水切り役物(※1)を設置します。そうして窓枠の上の水を逃がす対策をしておくと、サッシまわりの毛細管現象(※2)が防げるので、雨漏りしにくい外壁になるんです」

静岡県静岡市清水区は海が近いため、住宅新築工事やリフォーム工事に塩害対策は欠かせません。金属の資材はあらかじめ防錆塗装されたものを使用し、釘はステンレス製が基本です。
「この辺りは潮風の影響を受けるので、外装リフォームの際、外壁には錆びにくいガルバリウム鋼板を勧めています。あと、同じ静岡県でも西側の焼津は風が強いんです。施工の際には止め付けの数を増やして、強風や横風に耐えられるつくりにしています」

※1 水切り役物…水を一部分に溜まらないようにするための金属板
※2 毛細管現象…細い空間の中を液体が上昇する浸透する物理現象。この現象により、施工によっては建物の内側へ水が入り込んでしまう

詳しく見る閉じる

MESSAGE 数年後の劣化に歴然の差。安価な工事とは一線を画する、丈夫で長持ちな修理を施す

井上板金工業のアフターサービスは、「完工後に何か不具合が見つかったらいつでも連絡を。迅速に対応します」と、臨機応変です。

最後に「かべいろは」をご覧になっている、外壁の劣化でお困りのお客さま、そして外壁リフォームや外壁修理を検討しているお客さまへメッセージです。
「外壁工事の仕上がりの『見た目』は、専門業者が施工すればどの外壁工事店も変わらないと思います。金属系サイディングなんかは、きちんと貼れる職人がいればそれで出来上がりです。加えて、僕らは見えない部分の処理に力を入れています。それは、見た目には影響しなくても数年後に確実に劣化に差が出てくるからです。よく、大工さんに『すごいね。そんなことまでやってるの?』と驚かれるんですが、その玄人ウケする作業が井上板金工業のこだわりです。住宅のお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね」

「真夏に外で作業していると、なんでこの仕事を継いでしまったんだろうと思います。それくらいきつい仕事だけど、面白い仕事でもあるんですよ」
なぜ家業を継いだのですかという質問に、「なんとなくです」と答えてからこう話してくれた井上さん。現在の順調な経営は目の前の仕事に真摯に向き合ってきた結果です。
「見えないところに職人のこだわりを」。取材中に繰り返したこの言葉は、井上さんのこれまでの行動すべてに結びついていると感じました。

(2020年3月取材)

詳しく見る閉じる

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

外壁修理・外壁リフォーム事例外壁修理・外壁リフォーム事例(株式会社井上板金工業)0件

施工事例はありません。

外壁工事のクチコミ評価外壁工事のクチコミ評価(株式会社井上板金工業) 0件

クチコミはありません。

外壁工事店日記外壁工事店日記(株式会社井上板金工業)

工事店日記はありません。

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

外壁工事店プロフィール外壁工事店プロフィール(株式会社井上板金工業)

一番の強み 専門の職人しか気付かない建物の隠れたところにもこだわって作業を行い、機能性・美観を高めた仕上げにするところ
会社名 株式会社井上板金工業
対応工事
外壁塗装
外壁張り替え(カバー)
外壁修理
その他塗装
屋根塗装
樋塗装
外構・エクステリア塗装
室内塗装
従業員数 社員:2名
保有資格者 一級建築板金技能士:2名
高所作業者運転者:1名
職長安全衛生責任者:1名
石綿取扱作業従事者:1名
玉掛作業者:2名
登録建築板金基幹技能者(一般社団法人日本建築板金協会):1名
屋根外装調査士(全日本板金工業組合連合会):1名
特徴 リフォーム業
外壁工事業
対応地域

静岡県

アフターフォロー体制 三井住友海上火災保険株式会社の賠償責任保険に加入しています。
施工後、何かございましたらご連絡ください。すぐに対応いたします。
代表者 井上 武
代表者経歴
(名称は当時のもの)
株式会社井上板金工業 代表取締役
静岡県板金工業組合 所属
1991年3月:静岡市立清水第六中学校 卒業
1991年4月:静岡県立静岡工業高等学校(現・静岡県立科学技術高等学校) 入学
1994年3月:静岡県立静岡工業高等学校(現・静岡県立科学技術高等学校) 卒業
1994年4月:株式会社大気社 入社
1994年4月:サンエス工業株式会社 出向
1994年4月:兵庫工科短期大学校 入学
1996年3月:兵庫工科短期大学校 卒業
1996年4月:株式会社大気社 復帰
1999年3月:株式会社大気社 退社
1999年4月:井上板金工業 入社
2013年10月:株式会社井上板金工業 設立 代表取締役就任
所在地 〒424-0063
静岡県静岡市清水区能島242-4 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)
HOME外壁工事店 静岡県・全ての外壁工事 > 静岡・清水・川根・全ての外壁工事 > 静岡・清水・川根・外壁張り替え(カバー) 株式会社井上板金工業
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ