災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

プロの目で行う点検で安心を。外壁も屋根も修理できるのが最大の強み

原屋根工事

岡山県 倉敷・総社・井原・笠岡

原屋根工事

岡山県倉敷市茶屋町の原屋根工事は外壁・屋根のリフォーム・修理を中心に行っている住宅工事店です。外壁はモルタルや金属サイディング、屋根は瓦から金属まで、多種多様な素材に対応。「お客さまへのわかりやすい説明が大切」をモットーに、親切な打ち合わせに定評があります。

工事店の想い工事店の想い

PERSON演者も職人も、つまるところは熱心さが大切。業界は違えど、没頭したおかげで一人前の職人に

原屋根工事は岡山県倉敷市茶屋町にある住宅工事店。外壁と屋根、雨樋工事を主に取り扱っています。1920年から住宅工事に従事し、親子二代でここ倉敷市のお客さまから信頼を集めています。

原屋根工事の代表である原昇三さん(以下、原さん)は、異色な経歴の持ち主。高校卒業後は実家を離れ、大阪の専門学校へ進学しました。学生生活の中で見つけた夢は「役者」。専門学校を終えてからは、本格的に演劇を学ぶために俳優養成所へ入所しました。

「家を出たい一心で遠くの学校へ進学しました。自由な時間の中でハマったのが演劇で、役者を志すようになったんです。でも、養成所に通ってみたら力が伸びたのが演技の方ではなくタップダンスでした。ダンスって上達してくると楽しいんですよね。自分で言うのも恥ずかしいですが、養成所を終了する頃には同期の中でもうまい方だったんです」

しかし、タップダンスにはげむ原さんの元に、実家から1本の電話が入ります。その頃の原屋根工事は父と母が2人で切り盛りしていました。しかし、母の腰痛により現場の人手が足りなくなってしまったのです。

「実家に戻って仕事を手伝って欲しいと言われました。タップダンスが楽しくて仕方ない時期だったので相当悩みましたが、遠くにいる私に連絡をしてくるなんて父も相当切羽詰まっているんだろうと……。私も気持ちにけりをつけて、岡山に戻る決意をしました」

原さんが原屋根工事に入った時は20歳。屋根工事の職人になるなんて考えていなかったため、仕事に身が入らない日々が続いたそう。しかし、1年間辛抱強く仕事を続けたところ、周囲の職人たちから「うまくなったな」と声をかけられるように。その頃から、少しずつ気持ちが前向きになっていきました。

「タップダンスも演劇もそうですけど、何でも上達すると面白くなってくるものなんですよね。瓦屋根は伝統の技が必要な奥深い仕事でした。そう気が付いてから、どんどんものづくりが面白くなっていったんです」

そうして親子は二人三脚で原屋根工事を運営し、2015年2月に原さんは代表に就任。タップダンスと住宅工事、業界は違いますが、原さんには何事にもひたむきにそして真摯に取り組む姿勢があり、気が付けば職人としてはベテランの域に。

「持っている技術を出し惜しみしたくないんですよ」
原さんの根底にあるその想いが、父が築いた原屋根工事の信用をさらに盤石にしたようです。

詳しく見る閉じる

WORK雨漏りに強い外壁にするには、我流の技術よりも基本に沿った丁寧な施工が大切

岡山県倉敷市茶屋町の原屋根工事は、外壁・屋根のリフォーム・修理をメインに施工している住宅工事店です。

原屋根工事では、外壁・屋根共にリフォーム・修理が可能です。どちらにも対応できることで、お客さまの工期や予算の負担を軽くできます。

「取り合い部分(※1)は雨漏りの原因になりやすいので重点的にチェックします。屋根だけではなく外壁修理にも対応していると、屋根と外壁の取り合い部分もしっかり施工できるのが強みですね」

原さんがこれまで手掛けた外壁リフォーム・外壁修理の工事で心に残っているのは、2018年の西日本豪雨のときのもの。堤防8カ所が決壊した倉敷市真備町の被害は、思い出すと今でも心が痛むと言います。

「私が手掛けたのは1軒だったんですが、そこは水浸しのあとで外壁を全て張り替えました。ただ、残念だったのは下地補修まではできなかったこと。当然水をかぶったあとの状態なので下地も全て直した方がよかったんですが、お客さまの予算の都合で金属系サイディングの張り替えのみでした。経年劣化のリフォームなら修繕費の積み立てなどをして、きちんと予定をしているんでしょうけど、災害は突然のものですから……修理費の工面も大変だったんだと思います」

また、原屋根工事では、住宅だけではなく倉庫の外装工事にも対応可能です。先日は、大規模工場の波型スレートの張り替えを行ったそうです。
「うちでは、波型スレートの外壁は、カバー工法ではなく基本的に張り替えをしています。カバー工法で外壁に厚みが出てしまうと、壁の側面が屋根や雨樋の内側におさまらなくなってしまうおそれがあるんです。そうなると、屋根から落ちた雨水の流れる道を確保するのが難しくなります」

外壁リフォーム・修理をする際に何より留意するのは、やはり雨漏りしない外壁に仕上げること。そのためには、外壁材メーカーのマニュアルに沿って施工するのが一番だそうです。

「長い間、現場をやっていると自分のやり方に凝り固まってしまう職人もいますが、我流に走らず、基本的な技術を駆使するのが丈夫な外壁にする秘訣だと思います。修理箇所を見て『マニュアル通りでは手に負えないな』と思ったら、自分だけで何とかしようとせずに、すぐに外壁に強い仲間に連絡を取るんです。お客さまの家に適当な修理はできません」

持ち家の外壁や屋根をリフォームするお客さまはご年配の方が多いため、原さんは打ち合わせの際は、わかりやすい言葉を使い丁寧な説明を心掛けています。

「専門用語を並べてしまうと、わかってもらえなくて聞き返されることが多くなります。でも聞き返されるのはいい方で、あえて聞き返さない方は、自分の家にどう施工されるのか全くわからないままになってしまうんです。最近は情報収集に長けたお客さまもいらっしゃいますので、お客さまの反応によって、説明の仕方は変えています。後日不安を抱かせないだめにも、そうした配慮は必要ですね」

原さんは見積もりの段階で外壁材や屋根材をめくり、下地の不具合もチェックします。細やかな点検が正確な見積書作成に繋がっているのです。

「家の状態、それに伴う施工プランをわかりやすく記載するようにしています。そうするとお客さまの方からも『この工事は必要?』と聞いてくださいますしね。私の方も見積もりの段階で詳細まで調べておくとそんな質問に即答できるので安心です。あと、岡山県倉敷市は海沿いの土地もあります。住宅は潮風の影響を受けるので、錆に強い外壁材の提案が必須ですね」

※1 取り合い・・・外壁と屋根の接合部分

詳しく見る閉じる

MESSAGEアフターフォローも万全。家を長持ちさせるためには、プロの点検とメンテナンスが必須

原屋根工事では、各種工事保険への加入をしています。外壁リフォーム・外壁修理が原因で、工事箇所とは関係のない場所に不具合が起こっても、保険でのカバーがあるので安心です。

「不測の事態が起こった時は工事店加入の保険を使い、元通りに直します。また、滞りなく完工を迎えた場合でも、万が一、その後にお客さまの方で不具合を発見したら連絡をください。自分がやった外壁リフォーム・修理には最後まで責任を持つのがモットーです。すぐに点検に参ります。アフターフォローも万全にしておりますので、安心して工事を受けてくださいね」

最後に「かべいろは」をご覧になっている、外壁の劣化でお困りのお客さま、そして外壁リフォーム・外壁修理を検しているお客さまへメッセージです。

「住宅の経年劣化、雨漏り、その他気になることは気軽にお問い合わせください。お客さまだけで気を揉んでいるより、プロが点検して原因なり対処なりを明らかにした方が、今後家をどうメンテナンスしていけば良いのかがはっきりします。予算と家の経年数を照らし合わせて、見通しを立てることができます。また、当社は石綿作業主任者が在籍しているので、解体時に的確な工事が可能です。工事全体に万全の体制で臨むので、外壁のことならなんでもご相談ください」

お客さまにわかりやすく、そして確実な施工を。原さんは、実作業はもちろん、お客さまとの打ち合わせにも全力投球です。お客さまによって、理解のポイントが違うところにも配慮し、案件に合わせた説明を心掛けています。取材中の丁寧な話し方からも、普段の仕事ぶりが見えてくるようでした。

(2015年12月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

外壁修理・外壁リフォーム事例外壁修理・外壁リフォーム事例(原屋根工事)0件

施工事例はありません。

外壁工事のクチコミ評価外壁工事のクチコミ評価(原屋根工事)0件

クチコミはありません。

外壁工事店日記外壁工事店日記(原屋根工事)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

外壁工事店プロフィール外壁工事店プロフィール(原屋根工事)

一番の強み 屋根と外壁の取り合いを見て施工ができるため、雨漏りへの対策がしっかりできるところ
会社名 原屋根工事
対応工事
  • 外壁塗装
  • 外壁張り替え(カバー)
  • 外壁修理
  • その他塗装
  • 屋根塗装
  • 樋塗装
  • 外構・エクステリア塗装
  • 室内塗装
従業員数 社員:3名
保有資格者 一級かわらぶき技能士:2名
石綿作業主任者:1名
第二回岡山屋根技能大会優秀賞受賞者:1名
特徴 リフォーム業
外壁工事業
対応地域

岡山県

アフターフォロー体制 工事保険加入済。屋根工事の施工中や施工後の不具合があれば責任をもって直します。
代表者 原 昇三
代表者経歴 原屋根工事 代表
1990年3月:倉敷市立東陽中学校 卒業
1990年4月:岡山理科大学附属高等学校 入学
1993年3月:岡山理科大学附属高等学校 卒業
1993年4月:代々木アニメーション学院 入学
1994年3月:代々木アニメーション学院 卒業
1994年4月:ミュージカルスクールSTAGE21 入所
1995年3月:ミュージカルスクールSTAGE21 卒業
1995年4月:原屋根工事 入社
2015年2月:原屋根工事 代表就任
所在地 〒710-1102
岡山県倉敷市茶屋町早沖1793 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~日曜日 8:00~20:00
定休日 なし

最近チェックした外壁工事店