災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

経験を現場に総動員させ、お客さまが自慢したくなる外壁塗装を目指す

杉本塗装

熊本県 八代・水俣

杉本塗装

熊本県八代市鏡町両出の杉本塗装は外壁・屋根の外装塗装、建具や家具といった内装塗装を手掛ける塗装工事店。防水工事や足場組立も自社施工しており、塗装工事全般で頼りになります。代表は一般住宅のみならず工場・寺社までも経験があり、あらゆる塗装工事に対応する技術保持者です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON若い頃に勤めたキツイ会社が糧に。どんな経験も無駄にせず、成長のこやしにしていきたい

熊本県八代市鏡町両出にある杉本塗装は、外壁塗装・屋根塗装をはじめとする外装塗装をメインに行う塗装工事店です。

十代の頃から塗装業に就いている杉本塗装代表の杉本幸治さん(以下、杉本さん)。高校進学は一切考えず、中学卒業後にすぐに社会人になりました。
「『学校へ行く』より働いて早く自立したかった。父親が職人だったのもあって、手に職をつけたいなと思ったんです。」

杉本塗装を切り盛りするために現場で汗を流した後は事務仕事をこなし、毎日精力的に働いている様子。そんな杉本さんに創業までの経緯を伺いました。

「中学卒業してすぐ住み込みで左官屋に勤めました。その次が友人がいた塗装会社。今思えば、どちらも仕事はきつかったですね。でも若かったので建設業ってのはこういうものなんだろうと思っていました。大人になって同業者と色んな話をするようになってから『ああ、オレのいた職場って過酷だったんだな』と気付いたんです。でも後悔はしてません。鍛えてもらった気持ちの方が大きいですね。ちょっとやそっとのことでは動じない精神力が養われましたよ」

塗装仕事が一人前になった頃、杉本さんは知人に誘われて愛知県での仕事に携わりました。そこでの仕事が面白くなってきたのと、故郷の熊本とはまるで違う都会での暮らしに魅了され、しばらく愛知暮らしを続けたそうです。
「仕事も生活もそこでできた仲間も、全てが新鮮で楽しかったです。半年間の有期契約だったんですけど、雇用先の社長に『ここで働きたい!』とお願いして期間無しで雇い直してもらいました」

このように仕事に対しては若い頃から熱心だった杉本さん。愛知の現場ではリーダーを任される仕事も増え充実した毎日だったと言います。そして、杉本さんにとってひとつの転機になったのがある職人との出会いです。

「浪人職人って言うのかな。今でいうフリーランスですね。全国津々浦々で塗装仕事をする人で、ある時名古屋の僕の現場に入ってきたんです。最初はなんだこの人と思ったんですけど、一緒に仕事をしてびっくりしました。腕はいいし、人に説明する時の理屈もしっかりしてる。何者だ!って度肝抜かれましたよ」
その職人は、建設業に関する資格を多数取得し、現在はあまり使用されない漆(うるし)塗料を施す技術も持っていました。杉本さんは一緒に仕事をするのが楽しく、彼が名古屋を離れて横浜で仕事を始めた時に、弟子入り志願をしてあとを追いかけたのです。

「名古屋では工程管理、そして横浜では現場のこれまでより更に込み入った技術を学びました。その後、横浜でそれなりに経験を積んだかな。そして、名古屋にいた時から考えていた塗装店開業を実現するために、熊本に戻りました」

杉本さんには、地元熊本ですぐにでも開業したい気持ちがありました。しかし、長らく地元を離れていたため、まずは人脈づくりと下請け仕事に精を出したそうです。
「僕を知ってもらうために、仕事を選ばず働いていたかな。2014年に開業してからも細々とやっていたんですが、そんな矢先に熊本地震が起こったんです。仕事は増えたけど……きつかったですね。先が見えないつらさで。それでも、職人同士で情報交換しながら乗り切りました」

今後は、営業の方も雇い二人三脚で仕事をしていきたいとのこと。
「実は来てほしい人がいるんです。でもコロナ騒ぎで東京から戻ってこられなくて首を長くして待っているところ。連携して動ける日が楽しみですね」

詳しく見る閉じる

WORKお客さまの最後の言葉は聞き逃さない。満足感を引き出すためにできるだけの対応を

杉本塗装は熊本県八代市鏡町両出に拠点を構える塗装工事店です。外壁塗装をはじめ、屋根塗装など一般住宅の外装塗装のほか、工場や寺社の特殊な塗装まで対応できる技術力があります。

杉本さんの強みは、熊本以外の土地で仕事をしてきたこと。それによって、吹き付け塗装や白木洗浄の技術も身に付きました。
「工場、一般住宅、寺社仏閣まで経験できたのは、若い頃に他の土地へ飛び出したからだと思います。人との出会いも、思い返せば重要でしたね。そのおかげで視野を広く持って腕を磨けました。杉本塗装はまだまだ創業間もないので、ここで凝り固まる気はありません。新しい技術も製品も柔軟に取り入れて、成長していきたいですね」

お客さまへの対応で配慮しているのは、「ついで仕事」。
施工後、お客さまから「ちょっとココが気になる…」と言われた場合、できるだけ快く対応できるよう心積もりをしているとのこと。
「毎回ではないですし、どんな場合でもというわけにはいかないんですが、完工の際にお客さまがぽろりとこぼした言葉はしっかりキャッチして作業対応したいといつも考えています。下準備が必要だったり1週間もかかるような作業でなければ、多少の塗り直し補修はその場で片付けるかな」

実際の外壁修理工事の事例では、寺の白木洗浄が挙がりました。一般住宅ではなかなか使わない技術なので経験がないと対応できませんが、杉本塗装では難なく対処できます。
「白木の塗装は、まずカビなどの汚れを塩素系の薬品で洗い流し、その後、防腐剤入りの塗料で塗装します。コンクリに塗るよりもひと手間かかる仕事ですね。また、金属系サイディングの塗り替えなどは、お客さまの予算や要望に合わせて塗料を用意しています。一般住宅に関しては、僕がやりたい技術・使いたい塗料というよりは、家の状態に合わせての塗料選定です」

外壁の雨漏りに関しては、サッシまわりの劣化によるものが多いとのこと。外壁と部品の繋ぎ目はやはり経年劣化が著しい場所だといいます。
「サッシまわりのコーキング(※)の硬化ですね。外壁と窓枠になじまなくなってくるとそこから水が浸入して雨漏りの原因になります。基本的にはコーキングの打ち直しで対処しますが、外壁に酷いクラックが発生している場合は、左官屋さんにしっかり埋めてもらってから塗装に入ります」

ここ熊本県八代市のあたりは、気候にさほど特徴はなく、塗装工事がしやすい地域です。ただ、2006年の熊本地震以降は外壁のクラック補修にマスチック工法を用いる現場が多くなりました。
「マスチック工法を使うのは、熊本だからというわけではないんですけどね。でもやはり地震の後はその道具を持って走りまわりましたね。マスチック工法は、特殊なローラーで弾性のある下地材を厚めに塗る方法なんです。再度外壁にひび割れができても、その特殊な下地でひび割れを食い止める効果があります」

※ コーキング・・・継ぎ目の隙間を埋める目地材

詳しく見る閉じる

MESSAGE手掛けた案件は全て自分の誇り。誰に紹介しても恥ずかしくない美しい外壁塗装に

「杉本塗装のアフターサービスは、年に1度の点検。それ以外でもお客さまが塗面を見て気になることがあったら遠慮なく連絡を。すぐに状況確認にいきますね」
杉本塗装のアフターフォローはこのように柔軟な体制で、完工後も安心して頼れます。

最後に「かべいろは」をご覧になっている、外壁塗装の劣化でお困りのお客さま、そして外壁リフォーム・外壁修理を検討しているお客さまへメッセージです。
「職人としての仕事の誇りは、『僕がここを塗りました!』といつでも大きな声で言えることです。お客さまの笑顔とその誇りを胸にいつでも外壁塗装に臨んでいます。外壁の劣化でお悩みがありましたら、何でも気軽に相談してください。ご連絡、お待ちしております」

取材前、話すのが苦手と苦笑していた杉本さん。説明などの接客でもっとお客さまを安心させたいと、これからは接客を担当する部門も強化したいと考えているそう。杉本さんの抱く展望が形になれば、杉本塗装はさらなる成長を遂げるに違いありません。

(2020年7月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

外壁修理・外壁リフォーム事例外壁修理・外壁リフォーム事例(杉本塗装)0件

施工事例はありません。

外壁工事のクチコミ評価外壁工事のクチコミ評価(杉本塗装)0件

クチコミはありません。

外壁工事店日記外壁工事店日記(杉本塗装)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

外壁工事店プロフィール外壁工事店プロフィール(杉本塗装)

一番の強み 代表が経験豊富で一般住宅から工場、寺社の特殊な塗装まで対応できる技術力があるとともに、整理整頓が非常に行き届いているところ
会社名 杉本塗装
対応工事
  • 外壁塗装
  • 外壁張り替え(カバー)
  • 外壁修理
  • その他塗装
  • 屋根塗装
  • 樋塗装
  • 外構・エクステリア塗装
  • 室内塗装
従業員数 社員:2名
特徴 リフォーム業
外壁塗装工事業
左官工事業
屋根塗装工事業
樋塗装工事業
外構・エクステリア工事業
内装仕上工事業
対応地域

熊本県

アフターフォロー体制 工事後、1年点検をしています。施工内容によっては保証書を発行しています。
代表者 杉本 幸治
代表者経歴 杉本塗装 代表
1998年3月:八代市立第二中学校 卒業
1998年4月:地元左官会社 入社
1998年7月:地元左官会社 退社
1998年8月:地元塗装店A 入社
1999年7月:地元塗装店A 退社
1999年8月:地元塗装店B 入社
2000年7月:地元塗装店B 退社
2000年8月:地元塗装店C 入社
2001年7月:地元塗装店C 退社
2002年10月:塗装店D 入社
2007年9月:塗装店D 退社
2007年10月:塗装店E 入社
2012年9月:塗装店E 退社
2012年10月:地元塗装店F 入社
2013年12月:地元塗装店F 退社
2014年1月:杉本塗装 創業 代表 就任
所在地 〒869-4222
熊本県八代市鏡町両出1-1 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日、祝日 8:00~17:00
定休日 日曜日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした外壁工事店