災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ
HOME > 「外壁塗装」について > 記事一覧 > 無機塗料のメリットとデメリットについて説明します

「外壁塗装」について

2021.05.12塗料に関する説明

無機塗料のメリットとデメリットについて説明します

1.無機塗料について:はじめに


皆さんはご自宅の壁がどんな塗料でぬられているのかご存知でしょうか?
聞いたけど忘れた…という方や、逆に、塗り替え時期が近いので情報収集しているという方もいらっしゃるかもしれません。

塗料について調べられている方にとって、最近聞く「無機塗料」という言葉・・
一体何なのか気になると思います。


結論から言うと、無機塗料とは、現在の塗料の中ではハイグレードな塗料です。
高性能な塗料と言われていますね。


そこで、無機塗料はどんな塗料なのか調べてみました。


2.無機塗料について:有機塗料との違い


まず、世の中の物質は大きく2種類にわかれています。
炭素を含む有機物と、炭素を含まない無機物です。

もう少し砕いていうと、生物に由来する物質は有機物、生物に由来しない物質は無機物、となります。
身近なもので言うと、ガラスや石が無機物としてあげられます。

フッ素塗料やシリコン塗料などの従来の塗料は有機塗料と呼ばれています。
それに対して、無機塗料とは従来の有機塗料に鉱物やレンガ、ガラスなどを配合し、無機物の特徴をもつ塗料のことを言います。


有機塗料の特徴ですが、弾力性があり、紫外線で劣化します。

一方で、無機塗料については、ガラスや石は紫外線で劣化せず、また固いのと同じように、無機塗料も固く、弾力性がありません。

弾力性がないと揺れや伸縮に対応できないため、有機塗料よりも割れやすくなっています。

そのため、現在は弾力性を持たせるために有機物を加えた無機塗料も多く出て来ています。



 

3.無機塗料について:メリット


◆フッ素塗料を超える耐候性
耐候性とは気候の変化に対する耐性です。太陽光や紫外線、気温の変化などによる劣化や変色の影響を受けにくいことを言います。
耐候性の高い塗料と言えば、無機塗料のほかにフッ素塗料があげられます。フッ素塗料の耐候性は有機塗料のなかでは最も長く、15年~20年は耐候性が続くと言われています。無機塗料はそれを超える20年~30年の耐候性があります。

◆不燃性が高い
有機物は燃えると灰になって消えてしまいます。一方無機物は火をつけてもなくなることはありません。これと同じで無機塗料は有機塗料に比べて、火が燃えるさいに燃料となる炭素の量が少ないため、燃えにくくなっています。
ただし、無機塗料にも有機物は含まれているので、あくまでも"燃えにくい"に留まります。


◆親水性が高く汚れにくい
無機塗料は水になじみやすく、汚れが落ちやすい特徴があります。無機塗料を施工した外壁に汚れがついても、雨が降るなどして外壁が濡れた際に外壁と汚れの間に水が入り込み、汚れを落としてくれます。
また、服などに静電気が発生しているときに埃や塵がくっつきやすいのと同じで、外壁も静電気が発生しているときは空気中の埃や塵がくっつきやすくなっています。無機塗料は静電気が発生しにくいため、そもそも汚れがつきにくいのです。


4.無機塗料について:デメリット


◆値段が高い
価格は塗料によって変わりますが、無機塗料はとても価格の高い塗料です。ただし、耐候性が高いので長期的に見ればお得になります。

◆艶が消せない
無機塗料はどうしても艶がでてしまいます。光沢のあるツヤツヤの外壁は見る人によれば、安っぽく感じたり、まぶしく感じることもあるでしょう。5分艶、3分艶と艶を抑えることは可能です。しかし、塗料の艶を抑えるために「艶消し材」が配合されているので、性能がやや劣り、価格が少し高くなります。


◆職人の腕に左右される
これは無機塗料に限ったことではありませんが、いくら高性能な無機塗料を選んでも施工する職人に技術が足りなければ、無機塗料の性能を十分に発揮することができません。均等に塗れていない、下地処理が不十分などの理由で耐久年数よりずっと早くに剥がれたり、ひび割れたりしてしまいます。


5.無機塗料について:まとめ


無機塗料は一回の塗装の金額を見ると高いですが、塗装工事の回数を減らすことができます。長期的に見ればコストパフォーマンスを抑えることができるでしょう。
ただし、塗装の耐久性が20年~30年だからといって、外壁の目地に充填されているコーキングは別物なので、当然ながらシーリングの耐久年数は伸びるわけではありません。コーキングの耐用年数は7~10年と言われていますので、10年に一度はメンテナンスが必要になります。

また、一口に無機塗料と言ってもたくさんの種類があります。
無機成分の含有量が少ないと、シリコン塗料やフッ素塗料とあまり変わらない耐久性になります。


無機塗料は他にないメリットが多くある魅力的な塗料ですが、十分な注意も必要な塗料でもあると言えるでしょう。


『かべいろは』ではお客さまのお悩みに親身になってくれる工事店をご紹介しています。
お気軽にお問い合わせください。





参照:
https://www.malki-paint.com/blog/knowledge-wallpainting/inorganic-toryo.html
無機塗料のメリット・デメリット。フッ素塗料より高耐久って本当? | マルキペイントブログ(検索日:2020/11/27)


https://yuko-navi.com/inorganic-paint
最高級の無機塗料とは|メリット・デメリットと厳選おすすめ塗料3選(検索日:2020/11/27)


https://www.nuri-kae.jp/column/articles/561
無機塗料って?メリット・デメリットと価格、代表的な塗料名を解説!│ヌリカエ(検索日:2020/11/27)


https://shine-paint.com/faq/f_succeed/mukitoryou_30nen2.html
無機塗料なら30年耐久(半永久)と言われたけど本当?|柏・松戸市|外壁塗装|株式会社シャイン(検索日:2020/11/27)


無機塗料のメリットとデメリットを徹底解説
https://gaiheki-tatsujin.com/13145
外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!! » 無機塗料のメリットとデメリットを徹底解説 のコメントのフィード(検索日:2020/11/27)


https://gaiheki-kakekomi.com/home/tsuya/
外壁塗装の艶あり、艶消し塗料はどちらが良い?- 外壁塗装駆け込み寺(検索日:2020/11/27)


https://gaiheki-com.com/cms/useful/post-620/
外壁に艶消し塗料を使う理由 メリットとデメリットを解説 | 外壁・屋根塗装についてのお役立ち情報(検索日:2020/11/27)



 

「外壁塗装」についての新着記事一覧

「外壁塗装」に対応できる工事店

HOME「外壁塗装」について記事一覧無機塗料のメリットとデメリットについて説明します