HOME > 「外壁塗装」について > 記事一覧 > フッ素系塗料について

「外壁塗装」について

2020.03.18 塗料に関する説明

フッ素系塗料について

1.フッ素系塗料について:はじめに


普段、みなさんがプロの塗装屋さんが使うようなペンキの缶を目にされることはあまりないかもしれませんが…外壁塗装に使用されるペンキの商品説明には、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素といった言葉が書かれています。
今回はフッ素系塗料について説明したいと思います。


2.フッ素系塗料について:フッ素系塗料の特徴とは

ペンキは塗った後乾くと表面に膜ができることで美しい外観となりますが、フッ素系塗料とは、この膜の成分が樹脂でできており、かつ、フッ素の化合物が樹脂の成分である塗料のことを指します。
フッ素の化合物は、一般にきわめて安定しており、長期間変質しないという特徴を持つため、フッ素系塗料は他の塗料と比較すると高い耐久性、対候性(紫外線や熱等の影響を受けにくい)を持っています。
また、フッ素の化合物はものをくっつけにくい性質もあるため色褪せしにくく汚れにくいです。更に開発を進めて、非常に汚れにくく雨で汚れが落ちやすい高製品なども多く販売されているようです。
一方で製品自体の価格が高い、表面が固いため建物の衝撃により塗膜表面にひびが入るケースがある、フッ素系塗料の上から別の塗料を塗ることが難しい(これらは工事業者の施工方法により回避はできるようですが)など弱点もあるようです。


3. フッ素系塗料について:まとめ

ざっとフッ素系塗料について説明しましたが、いかがでしたでしょうか?
屋根や壁を塗り替える際は、塗料の特徴と、ご自宅全体のメンテナンス計画をもとに最適な塗料を決定したいですよね。グレードの高いフッ素系塗料を使いたい場合でもフッ素系塗料の使用実績がある職人さんに頼みたい、そんなときは、是非「やねいろは」で施工事例の検索をしてみてください。
経験豊富な職人さんがきちんとあなたのご自宅を診て、最適な塗料とメンテナンスプランを提案してくれますよ。



参照:
https://www.nuri-kae.jp/column/articles/117
【外壁塗装】塗料知識を全公開!種類・特徴・価格・耐用年数・選び方|ヌリカエ(検索日:2020/02/14)
http://best-gaiheki.com/fluorine/
フッ素塗料のデメリットは高すぎる耐久性|外壁塗装の教科書(検索日:2020/02/13)
https://www.yuzu-tosou.com/column/50204/
フッ素塗料の特徴を理解しよう|名古屋の塗装店 小林塗装(検索日:2020/02/13)
https://www.agc-chemicals.com/jp/ja/fluorine/glossary/0028.html
フッ素 | 用語集 | フッ素化学品事業 | AGC 化学品カンパニー(検索日:2020/02/14)他


・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

外壁のことで困ったときは
「かべいろは」へご相談ください!

「かべいろは」は当社規定の掲載基準をクリアした、顔が見れる地元の外壁工事店のみ掲載。お客様自身が直接、地元の外壁工事店に依頼が可能です。外壁工事依頼をお考えの方は、ぜひご活用ください。

地元の外壁工事店を探す

あなたの地元の外壁工事店を自分で探せます。気になる工事店があれば、工事店にお問い合わせすることも出来ます。

電話でのお問い合わせ

0120-927-037

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)

外壁トラブルでお急ぎの方や電話でご相談したい方は、上記フリーダイヤルにお気軽にご連絡ください。
※ご利用の際は、利用規約に同意したものとみなされます。

「外壁塗装」についての関連記事一覧

災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ